■プロフィール

tamaki

Author:tamaki
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
秋のアブラムシはおいしいカブが大好き!

 8月下旬に千葉県北東部をかすめた台風11号は、刈り取り間近の稲をなぎ倒していきました。あちこちの田んぼでは、コンバイン(お米を刈り取って、もみ米だけをためて、茎葉はバラバラにして排出する乗用の稲刈り機械)で収穫をするのですが、その機械の前方に稲を機械でちゃんと刈れるように稲を起こす作業をする人が今年は必要でした。高齢のおばあちゃんが腰を曲げながら11株の稲を鎌で起こしていく作業を見ていると、見ている私の方がしんどくなるような単調で長時間にわたる作業です。

 近い将来、今の日本の農業を支えているプロの人々(農家)は激減します。また、それに伴い、「名人芸」と呼ばれるような技術や知識も失われていきます。「農業」は、化学的に裏打ちされた手法だけでは網羅することが難しい仕事です。私が若い時、土の水分や湿度、野菜の体内の養分濃度などのほとんどを分析機器に依存した「農学」を学んでいました。実際、農家に研修に行った時に「マメを播くタイミングは、土がこれくらいの湿り気と固さの時だよ」と土を握っている農家を見て、「後で土をもらっていって、最適な土の状態を機械で分析して数値化すればいいや」と大して本気に話を聞いていませんでした。ところが、いざ自分が農業を始めた時、頼みの分析機器などはありません・・・触覚・視覚・嗅覚などが最大の武器なのです。鼻っ柱をへし折られた思いでした。

 私の持論ですが、「良い野菜を作る方法をマニュアル化することは可能だが、おいしい野菜を作る方法は、経験と日々の観察、そして、こだわりが重要である」と思っています。農家の中では私達は30代でまだまだ若く「経験」が乏しい「ひよっこ」です。70代のおじいちゃんが「米作りは毎年1年生だよ」と言うくらい農業は、様々な要素がからんでおり、前の年と同じように(=例年通り)やれば大丈夫だろうということがほぼありません。私達は、経験をカバーするために日々の野菜の観察に力を入れています。色や照り具合、葉の垂れ方、水滴の付き方などなど、あげればキリがありませんが病虫害の発生の初期段階と肥料の切れはじめを観察によって発見することですぐに対処すれば、その後の生育が良好になりますが、見逃すことによって手遅れになってしまった経験も多くあります。

 秋に播く野菜、例えば、キャベツやブロッコリなどの苗の段階やカブや大根といった根菜類の芽が出始めの時期にアブラムシによって被害を受けることが多々あります。気がついたら葉の裏側にビッシリとついていて、アブラムシが媒介したウイルス病(カブが腐ってしまう病気など)も感染していて・・・という経験がありますが、今年は絶好調の生育を今のところみせている「カブ」について少し書きたいと思います。

 「カブ・かぶ・蕪」は、栽培の歴史が古い野菜で、アフガニスタン原産のアジア系と地中海原産のヨーロッパ系の2種類があるようです。日本でも古事記や日本書紀に記述が見られる日本人にはおなじみの野菜です。春の七草の「すずな」はカブのことを指します。千葉県の出荷量は、全国で第1位のようなのですが、畑のある旭市の近郊では大々的に栽培しているところは少ないのです。しかし、山向こうの東庄町は、昔からカブ栽培の大産地でカブを洗う機械や種まき機も常備している農家が多いです。
良いカブを見分けるポイントとして紹介されている記事に「カブの表面にシミが無く、真っ白で照りの良いもの」という説明をよく見かけます。知らない方が多いのですが、カブや大根、人参などは収穫後、デッキブラシの大きな筒の中で回転させて洗います。その時、「ひと皮」むけます。なので非常に見た目に綺麗なのですが、むき身の野菜は日持ちがしません。「珠樹自然農園の野菜が冷蔵庫の中で長持ちする」という嬉しい感想をいただくのですが、当農園は、収穫後、軽く土や虫を落とすために水をかける程度です。むしろ見た目重視できれいにされなければならない野菜達に同情します。これから気温が下がるにつれて味が乗ってくるカブをぜひお試しください。

おいしい野菜は→珠樹自然農園のFARMER'S MARKET



スポンサーサイト
かぶ | 22:23:39 | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。