■プロフィール

tamaki

Author:tamaki
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
農家百様~いろんな農家がいます~

 関東各地のゲリラ豪雨や九州地方の長雨にびっくりした7月。。。畑のある千葉県北東部、さらにいうなら、九十九里沿岸では、ほとんど雨が降りませんでした。梅雨の季節は、曇りの日や雨の日が大半を占めるために気温や湿度が高くても例年ならば何とかしのげるのですが、今年は、日中晴天の夜間「雀の涙」ほどの少雨というパターンがほとんどでした。そのため、日中の作業は「暑いね~!!」が挨拶のようになり、次第に「また晴れてるね・・・」とか「雨雲よこっちに来い!!」という順応というか諦めといいますか。。。しかし、誰かに頼まれて農業をやっている訳ではないので、暑い日もあれば寒い日もありで覚悟の上です。

 
畑はといいますと雑草に圧倒されそうな状況です。夜間の少雨と昼間のカンカン照りが雑草の生育にすこぶる適しているようでスクスクというかわいい表現では済まされない。。。何といいますか、ゾワゾワッというような勢いで繁茂しています。先日も知り合いの小学生から「おじさん草取りさぼってるから、畑が草ボウボウになちゃうんだよ!」といわれて、「おじさんは除草剤を使わないから草を取っても取っても後から後から生えてきちゃうんだ~」と説明をし、納得してくれました。畑のある旭市は、近くに水田や畑がまだまだ多くあり、農家の方々はしっかりした管理を行っています。ですから、前述した小学生が「さぼっている」から草が繁茂したと思うのも当然なのです。私自身も幼い頃に祖父の畑で草取りを手伝っていました。今から30年近く前の話ですが、その当時、祖父が言っていた言葉を今も覚えています。「草を1本も生やさない畑は、年寄りが元気か(←農家をリタイアして草取りを日々の日課として行なっているという意味です)、見栄っぱりの畑だよ。田んぼも同じ。アワやヒエ1本許さない農家はつまらん人間だよ」ちょっと語弊があると思いますが、その当時の言葉をそのまま使いました。というのも、「農家はいろんな人がいるな~」と思うことが最近多々ありまして少し触れたいと思います。

 
私が比較するのは「篤農家」と「ダメ農家」。私自身、まだまだダメダメ農家なので言いたい放題です。「篤農家」と思う人々が今年に入って数人、亡くなりました。私が大学の講義をサボって泊りがけで研修をしていた農家の方々です。当時は、ネットがまだ普及する前で新聞や農業雑誌で連絡先を入手し、電話で交渉しました。今みたいに農業ブームなど皆無でしたので、「何で大学生が夏休みでもなく、手間賃も無しで農業の手伝いに来んだ?!おめー!おらの財産か娘が目当てか!!」と本気で言われたこともあります。何とか、「畑を見せていただくだけでも~」と懇願して了承をいただき、寝袋と着替えと足袋をリュックに入れて出発!!あとは酒を酌み交わし、私の熱意を伝えれば大概の農家は「居ること」を受け入れてくれました。そういった出会いで、畑を手伝い、だいたい1ヶ月はしがみ付いて、技術や知識を吸収させていただき(←わざわざ時間を設けて教えてもらうということはほとんど無かったです。目で見て、自分でやって覚えろ!!というスパルタでした)、帰る頃には「大学生やってるのもったいないよ!農家に早くなったほうがいい!!」とありがたいお褒めの言葉を頂戴しました。時間の経つのは早く、あっという間に十数年。亡くなった師匠の方々にせめて線香の1本でもと思い、ご遺族に連絡するのですが、皆さん決まったように「あんたにそんな時間があるわけないでしょ!畑休んで、線香あげにきたら、死んだじいちゃんが化けて出るぞ!」と。本当にありがたくて涙が出てきます。

 
と、比較するのも煩わしいのですが、当農園のやり方にいちいち文句(←ありがたいアドバイスとしては受け取れない)を付ける「ダメ農家」がいました。雑草を火炎バーナーで焼いて、種ごと焼いてしまうしか方法は無い!!と。野焼きは市の条例で禁止だと伝えても耳を貸しません。かといって、自分で実践しているのかというと経験無しです。効果を私に試させたいようです。他にも、肥料が足りないとか野菜の仕立て方が悪いなどとあげればキリがないのですが、先日、かなり滑稽な場面があり、その後、このダメ農家は大人しくしています。それは、いつものように当農園の畑の近くに来て、色々畑の批判を始めたちょうどその時、私の携帯に着信音。相手は、この農家の息子でした。野菜の作り方や病虫害、肥料などの相談を頻繁に受けているのですが、その時、思わず私は「○○さんのお父さんが色々私に野菜のことを教えてくれているから、今後は親子で農業教室でも開いたら?」息子にだいぶ怒られたようで大人しくなりました。

 
教えを乞うてもなかなか教えてくれない農業の玄人、聞いてもいないのに自分のやり方を押し付けようとする経験年数が長いだけの農家、自分のやり方をしっかりと信じて、真摯な気持ちで野菜作りに励んでいきたいと思います。

おいしい野菜は→珠樹自然農園のFARMER'S MARKET



スポンサーサイト
未分類 | 22:38:55 | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。