■プロフィール

tamaki

Author:tamaki
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
やりたい仕事をやりましょう♪
 10月は、昼夜の温度差がとても激しく、日中は汗ばむほどの天気でも、日が落ちると急に肌寒くなり、慌てて上着を羽織るというまさに季節の変わり目に相応しい気候でした。これは体調を崩しそうだなと思い、手洗いうがいを励行していたのですが、見事に風邪をひいてしまいました。農業は生き物相手の仕事なので「病欠」しにくい職業です。朝晩の鶏の世話…大した仕事ではないのですが、餌あげと水の交換が毎日必須です。そして、ご注文いただいている野菜の収穫出荷作業も1日程度でしたら翌日にずらしていただくことは可能ですが、どうしてもこの日に私達の野菜が必要だというお客様もいらっしゃいます。その場合は無理をしなければなりません。農家に限らずどんな仕事もそうですが、体調を崩している状態で仕事をやる大変さは十分わかっているので、風邪の予防と罹った初期の段階での薬の服用を心がけていたのですが、今回は症状の悪化に歯止めが利かず、とてもキツイ数日間を過ごしました。

 数年前、風邪をひいた時に、「風邪で大変でしょう。休んでください。今回は仕方がないので八百屋か他の農家に注文します」というお客様の優しいお言葉に甘えて、収穫発送を休んだことがあります。その翌週、そのお客様からの注文数が減り始め、ついには注文がなくなってしまいました。「鮮度」というキーワードにこだわらなければ、八百屋から買った方が安いし、確実だし、そして、24時間年中無休で注文を受け付けてくれるし…という経験をしました。その頃はまだ若かったので「土日も休まず年中無休でやらなければ八百屋にお客様をとられてしまうのだ!」という気持ちになり、「家族と過ごす時間なんて損をしているのだ。時は金なり…遊んでいる暇はないのだ!」などという気持ちで無理を重ね、ストレスを溜め、ついには仕事自体が面白くなくなってしまいました。

 そのままの状態で続けていたら、もしかしたら農業を辞めていたかもしれません。考え方、取り組み方の転機となったのは大震災でした。世の中はとんでもない状況に陥り、あらゆる生産消費活動が一時的に停止しました。言い方はまずいかもしれませんが、強制的に仕事が出来ない状況になりました。その時、私の中で「やりたいこと」を最優先して出来る状況になりました。何をその当時やりたかったのか?それは「ボランティア」と「家族との団欒」でした。昼間は津波で被害を受けてしまった地元の海岸地域へ行き、砂のかき出しや瓦礫の除去作業に没頭し、夕方に帰宅して子供とゆっくり風呂に入り、夜は子供とトランプやすごろくをしたり、他愛のない学校生活やアニメの話をしたり…震災前は自分の中で否定していたことが、実は一番やりたかったことだったのです。この10日間あまりの期間、野菜と鶏の世話は必要最低限しかしませんでした。

 仕事に距離を置いたことで見えてきたことがありました。独立して農業をはじめた時に「やりたかったこと」に対して、盛りだくさんの肉付けをどんどんしていって、いつの間にか達成しきれない「辛いノルマ」になっていたことに気がつきました。従業員を増やして、耕作面積を拡大して、売り上げを伸ばして、会社を大きくして…という方向性しか見えていなかった時は本当に苦しくて辛い時期でした。「おいしい野菜をお客様のためにつくる」という原点にもう一度もどることができました。スタンスが変わったのと同時期に、地元である千葉県旭市に飲食店をオープンする若い世代の方が増えてきました。調理師の専門学校を卒業後、東京で10年以上に渡ってフレンチやイタリアンの店で腕をみがいていたが、そろそろ地元に恩返ししたいという崇高な志を持って店を始めた人たちを応援するなって言われても応援しないわけがありません。田舎の人はファミレスで慣れてしまったというか、形成されてしまった悲しい外食スタイルがあります。私も若い頃はそうでしたが、注文してから料理が供されるまでの時間が待てないという傾向があります。そして、見慣れない食材が入っている料理を嫌う傾向があります。しかし、最近のグルメブームによってテレビや雑誌で都内のレストランなどが頻繁に紹介されていることで、「待てない」「食わず嫌い」という障壁が取り除かれているそうです。

 「やりたい仕事」をしている喜び、それは田舎で新規独立した料理人の方も同じ気持ちを抱いていると思います。しかし、やり方を誤ってしまうと「仕事」が「趣味」になってしまい商売になりません。逆に無理をし過ぎると「仕事」は「ノルマ」になってしまい、情熱が注がれない中身のない物になってしまいます。人々を喜ばせながら、自分も働く喜びを持ち続け、収入も維持することが出来る。プライベートも充実して…難しいことかもしれませんが、簡単なことかもしれません。さじ加減を考えながら、これからも楽しんで農業を続けていけたら幸せだなと思います。

 無農薬野菜はいかがですか?珠樹自然農園のHPはこちらから

スポンサーサイト

テーマ:農業 - ジャンル:ブログ

徒然なり | 22:18:03 | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。