■プロフィール

tamaki

Author:tamaki
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本年もよろしくお願いします
旧年中はたいへんお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

 年末の慌しさが正月を迎えたとたんにゆったりとした流れになり、ほっとしたのもつかの間、七草粥を食する頃にはいつもと変わらない畑の日常になります。その頃になると「もう休みが終わってしまった…」という残念な気持ちと、「いつものペースに戻った」という安心感が混ざった複雑な気持ちになります。さらには「新しい年を迎えて今年の目標は…」などと心の中で決意表明をしてみたり…。

 しかしながら、子供の頃と比べて年末年始のワクワクする気持ちが薄れてしまったなと自分の中で気づき、少し寂しい気持ちになりました。小学生の頃は、冬休みに入るとすぐに宿題をあらかた片付けて、年賀状を楽しく書いたり、クリスマスをウキウキした気持ちで迎え、年末の餅つきを祖母の家で行い、その後の大晦日までの数日は家の大掃除や新年の準備を手伝ったり、何をしていてもワクワクしていました。もちろん、40歳に近くなったこの歳になっても、新年に対する希望や新たな決意はあります。しかし、成人前は「新しいこと、未経験なこと」を多く望んでいたのに対し、この歳になると「再発見、再生、延長上の発展」という良かれ悪かれこれまでの積み重ねを土台にしたことに期待をするようになったことが原因だと思います。ということを気づいたので、今年は子供の心…冒険心や遊び心を持ちながら、日々の農作業に取り組もうと思います。

 「今年の冬は寒い!」以前にも書いたかもしれませんが、新年になっても寒さはますます厳しくなっています。今年の冬は潅水用のホースの中の水や鶏の飲み水が毎日のように凍っています。田んぼに溜まった水も日陰の場所は一日中、凍ったままであったり…なによりも朝方、農作業をしている自分の手と足が冷たいのを通り越してしびれてきます。9時頃になるとようやく血行がよくなって動きがよくなります。この頃になると野菜の葉っぱも凍っていたのが青味を帯びて、寒さなんて何事もなかったような姿になります。野菜ってたくましいなと思います。

 正月休みの合間に書店で何冊かの本を購入しました。ひとつは、限界集落を再生するために若者が奮闘するという本。もうひとつは、現代の農業に対する批判書です。前者は、面白おかしく、私も田舎に住んでいるために共感する部分が多々あり、楽しく読破することが出来ました。後者は、冒頭から日本の農業はハリボテ農業であると言い切っています。どこにその根拠があるのだろうと読み進めましたが、なかなか掴むことが出来ません。中盤まで読み進めましたが、どうにもこうにも気分が悪くなって読むのをやめてしまいました。「消費者が馬鹿舌だから偽者の有機農家を増やしている」とか「有機農業は環境汚染の最たるものである」という内容に我慢が出来なくなりました。

 私がここまでナーバスになるのには理由があります。私が農家になった訳…それは、私が若かりし頃といっても20代後半の時期ですが、ある大学で研究者の道を目指して勉学に励んでいました。途上国を研究対象としていたために日本の農業とはほとんど接点がありませんでした。その時の指導教官が酒宴の席で言いました。「私は自慢じゃないが野菜は作れない。しかし、土を分析すれば、何が足りなくて何が余っているのかは一目瞭然だ!それを修正してあげれば、理論上は野菜が作れるのだ!」この言葉を聞いた時に私はとてつもない衝撃を受けました。農学は農家のための学問ではないのか?農業があって初めて存在する学問ではないのか?それまで尊敬していた指導教官からの一言が私の人生を方向転換させました。何十年も研究を続けていても野菜を作れない農学なんて能書きでしかない…農家になろうと決断した瞬間でした。前述した批判書は、まさに大学の研究者が書いたものでした。「だから農業は駄目なんだ!」という農家に対する偏見と侮蔑ばかり持っている現場を知らない人々…私も農家になって初めて見えてきましたが、農学と農業はまったく別のものだということを批判書の著者にもはやく気づいてほしいものです。

 欠点や弱点を言い当てることは意外と簡単だと思います。しかし、良い点を見つけ、伸ばしてあげることの方がはるかに難しいことだと思います。日本の農業の行く末…現場を知らない有識者が舵取りをしている頼りがいのないわが国の農業政策、何か私に出来ることを探していきたいと思います。

農薬と化学肥料を使わない安全でおいしい野菜は→珠樹自然農園です♪

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

徒然なり | 21:28:11 | コメント(0)
ちょっとした奇跡がとても嬉しかったです
今頃去年の11月の記事ですみません。。

 11月は「秋」だという人が年々少なくなってきているそうです。ひとつには雑誌やテレビなどのメディアは常に時代の先取りをしています。季節についても同じことが言えます。残暑がまだまだ厳しくて汗をかきまくっている時期に鍋物やシチューの「フーフー熱々」なコマーシャルを平気で流します。デパートや百貨店の洋服売り場もしかりです。冷房をガンガン効かせている店内にマフラーをしたマネキン…当たり前の風景なのでしょうが、なんとなくおかしくなってしまいます。人間は繰り返しテレビや雑誌で「もう秋ですよ~」と刷り込まれると簡単に従ってしまう生き物のようです。私も朝のニュースで「今日は冬の気配を感じさせる一日になるでしょう…」などとキャスターが言っているのを聞いて、一枚羽織る枚数を増やして農作業に向かったりします。軽く汗をかくぐらいで厚着のまま過ごしていると、年明けの厳しい寒さが体の芯まで凍みるような…あまりに早く防寒対策をしてしまうと寒さに対して弱くなってしまうような気がします。

今年の秋はとても嬉しいことがありました。夜の間に強風がビュンビュンと吹いたある朝、風に飛ばされて畑の中に集まってしまったスーパーの袋や発泡スチロールなどのゴミを片付けている時にある「紙片」を見つけました。あやうくゴミと一緒に捨てそうになってしまうほどの小さな紙にはこう書いてありました。「パラバルーンたのしかったよ」そして裏には埼玉県のある保育園の住所と園の名前が記されていました。ちょっと考えて理解しました。その紙片の上の方にひもを通してあったであろう小さな穴が開いていました。そして「パラバルーン」ご存知の方もいらっしゃると思いますが、パラバルーンとは幼稚園や保育園で園児達が行う遊戯です。カラフルな大きな布の端を円形に並んだ園児が持ち、広げたり、縮めたり、揺すったりして曲にあわせて演技を行います。その演技のクライマックスに布の中に仕込んだたくさんの風船を空へ飛ばしたのだろうと想像することが出来ました。そして、そのひとつがはるばる埼玉県から千葉県の北東部まで飛んできたのです!ビックリしました。そして、感動して心が温かくなりました。

 その日の夜、さっそく手紙を書きました。お子さん方が読めるように全て平仮名で書きました。送った手紙を読んでくれるかな。もしかしたら返事をくれるかな!とワクワクしながら数日を過ごしていました。送って10日ほどはポストをのぞくのが楽しみでしたが返事はありませんでした。「そんなもんかな…」と落胆し、少し忘れかけていた頃、大き目の封筒に入った待ちに待った返事が届きました。「園のパンフレットでも送ってくれたのかな」と思いながら開封すると、園児が書いた絵入りの手紙と担任の先生からの礼状、そして運動会当日にパラバルーンの演技を行っている時の写真が入っていました。園児のみなさんが書いてくれた手紙には「おへんじありがとう!とおくまでふうせんがとんでいってびっくりしたよ!」「うんどうかいがんばってはしったから2ちゃくになったよ!」というコメントが…「返事を書いて良かった!世の中まだまだ捨てたもんじゃない!」紙片を拾った時よりもさらに感動しました。偶然の出会い…とても貴重な素晴らしい経験をしました。

 現代社会において、人と人との結びつきはあまり重要視されていない、人付き合いをしなくても普通に生活することが出来るし、むしろわずらわしいという若い方もいらっしゃると思います。私も都内で一人暮らしをしていた学生時代、アパートの隣に誰が住んでいるかわからないというのが普通でした。しかし、今現在住んでいる田舎では、子供の通う小学校の保護者の方や地域の人々と交流する機会が多いです。地域の安全パトロールや行事を率先して行っている人々の高齢化が進んでいる現状を考えると私達30~40歳の人間が頑張らなきゃいけない時期にさしかかっていることを実感します。しかし、一人では何も出来ません。やはり、同年代の人々との結びつきというものが重要になってきます。これからも人と人との結びつきや人との出会いを大切にしたいと思います。今回は農業とは離れてしまった内容にも関わらず、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

農薬と化学肥料を使わないおいしくて安全な野菜は→珠樹自然農園です♪

テーマ:農業 - ジャンル:ブログ

徒然なり | 21:24:28 | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。